【薬いらずの主婦が実践!】1日で熱を下げる方法を始めから丁寧に

こんにちは、ミズキです。

今日は熱を1日で下げる方法。

 

しかも、お医者さんに行かずに治す方法です。

 

私は実家を出てから今まで、

熱を出したことによって

医者へ行ったことがありません。

 

もちろんインフルエンザ等、

別の感染症であれば行きますが、

普通の熱であれば行きません。

 

完全に独自の方法を使って

1日で熱を下げています。

 

もちろん個人差はあるでしょうが、

病院へ行かずに治したい人や

薬に頼りたくない人に対しては

自信を持ってオススメできます。

薬を使えば熱を出しやすくなる?

SPONSORED LINK

私がこの方法を開発したのも、

上記のウワサを聞いたからです。

 

働いていた時の上司が、

毎月必ず熱を出していました。

 

その度に病院へ行き薬を飲み、

何とか治している状態。

 

社会人として正しい様ですが、

実は薬を飲めば飲むほど、

病気にかかりやすくなります。

 

薬で病気を治すことはつまり、

薬がなければ治らないということ。

 

人間の持つ自然治癒力を弱め、

常に薬を欲する病弱な体に

なってしまうリスクがあります。

 

そのため一時的には回復しても

すぐに体調を崩してしまうのです。

これでは本末転倒ですよね?

SPONSORED LINK


このウワサを聞いてから私は

薬を使わずに回復する方法を

独自に開発しました。

 

医学的な根拠はないですが、

効果は実感してもらえます。

 

まずは試してみてください。

薬を飲まずに1日で熱を下げる方法

足の裏 水虫 初期症状 画像

まずは睡眠です。

 

1日で治すには、食事以外は

すべて睡眠に当ててください。

 

寝ることで体力が回復し、

熱も下がっていきます。

 

私も子どもの送り迎え以外は

すべて睡眠にあてていますね。

 

冷えピタや代わりになるもの。

これを使えばより効果的です。

 

また必ずスポーツドリンク

飲むようにしてください。

 

1.5リットルのポカリを常備し、

起きたら必ず飲んでください。

低温火傷 治療 跡 保冷剤 画像

次に食事です。

体を元気にしてくれる食品。

ショウガをとりましょう。

 

ただしチューブのではダメです。

しょうがをすりおろし、

汁物にして食べるのです。

 

オススメなのがお鍋。

白菜やキノコ等も楽に食べられ、

しょうがの香りが体に染みます。

 

味付けは何でも良いので、

しょうが1つを丸ごと使って

お鍋を作ってください。

熱を下げるには漢方が効果的!

d3c81fc6b6ec7987487857eb7a58d551_s

漢方を薬とするか・・・

これは判断が分かれます。

 

ですが抗生物質等と比べて、

漢方ならばどれだけ飲んでも

免疫力は低下しにくいです。

 

私としては漢方は薬ではない。

この分類をしています。

 

漢方がなくても良いですが、

理想は上記に加え漢方の服用です。

 

解熱に効果のある漢方を

毎食飲むことで、

一気に熱は下がります。

6425a3c246e2cce50b3a62e2a4fa0420_s

ここまでの方法を使えば、

1日で熱が冷めます。

 

個人差はあるものの、

多くの人が効果を実感できます。

 

何より病弱な体にならないため、

熱を出すリスク自体が減ります。

ぜひ、試してみてくださいね!
 

★もう1記事読むならこちら★

⇒禁酒の効果が出る期間は3週間!【3日坊主は肝臓に良くない】

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒爪囲炎に効く市販薬はリンデロン?【薬なしでも治せますよ?】

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ