【まぶたのむくみ解消法!】疲れをとる目もとマッサージとは

こんにちは、ミズキです。

今日はまぶたのむくみです。

 

手足のむくみについては、

比較的よく聞く言葉ですよね。

 

ただ、まぶたのむくみとなると、

あまりピンと来ないかもしれません。

 

そのためむくんでしまっても、

「いつか治るでしょ」と放置

してしまうケースが多いのです。

 

ただし私の場合は、

「放置しても完治する可能性は低い」

と医者にはっきり言われました。

まぶたのむくみは現代病

SPONSORED LINK

まぶたがむくんでしまう原因。

これは様々考えられますし、

医学的にも完ぺきに解明されてない様です。

 

ただ有力な原因として考えられるのが、

目の疲れです。

 

特に長時間パソコンに向き合えば、

それだけ目に負担がかかります。

 

ブルーライト遮断メガネなんて

商品が売られているほどです。

目には相当の負担がかかっています。

 

どんな仕事をしていても、

パソコンを使わないなんてことは、

まずありえません。

 

一度むくんでしまったら、

放置すれば完治することはない。

これは一理あるなと感じました。

目をごにょごにょするのは危険!?

SPONSORED LINK


まぶたがむくんだ時に

よくやりがちなのが

目もとに手を当てて

ごにょごにょマッセージすることです。

 

ぐるぐる回してみたり、

手で押してみたり、

涙袋のあたりを押したりと、

様々な方法があります。

 

確かにこれらは気持ちよく、

一時的には効果があります。

 

ですが、その方法自体は

結構危険なんですよね。

 

何より手には見えないながらも

細菌が多く付着しています。

 

これが目に入れば最悪の場合、

ものもらいに感染することもあります。

…というか、私は感染しました。

 

決してオススメできる方法では

ないんですよね。

むくみを取る適切なマッサージはこれ!

d3c81fc6b6ec7987487857eb7a58d551_s

むくみを取るためには、

まぶたを温める必要があります。

 

これって手足に置き換えても、

そのまま使えますよね?

 

むくんだ場合は温かいお風呂に入り、

血の巡りを良くすることで、

解消へ向かっていく。

 

あるいはスポーツ選手の場合、

温水と冷水を交互に当てながら、

血の巡りを良くするケースもあります。

 

さすがにまぶたに冷水を当てるのは

特に冬場には厳しいのですが、

温めることだけならできます。

 

湯たんぽに温かいお湯を入れて、

長時間目もとに当て続ける。

これだけで血の巡りが良くなり、

むくみも解消していきます。

 

効果が出るまで1週間かかることもあります。

ただ、確実に効いてるので安心して下さい。

 

詳しい方法は以下の記事で解説しています。

合わせて読んでみて下さいね。

⇒実は危険!まぶたがピクピクする恐るべき原因とは!?

SPONSORED LINK

 

★もう1記事読むならこちら★

⇒禁酒の効果が出る期間は3週間!【3日坊主は肝臓に良くない】

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒爪囲炎に効く市販薬はリンデロン?【薬なしでも治せますよ?】

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ