【20代の尿もれ女性は必見!】意外な原因と効果抜群な解決策

こんにちは、ミズキです。

今回は尿もれについてですね。

 

以前の記事で頻尿を取り上げました。

私の旦那が悩んでいたこともあって、

医者に聞いたり専門書を読みあさり、

人並み以上に知識が豊富になりました。

 

…まあ、尿に関する知識が豊富になる。

これは結構複雑ですけどね(笑)

⇒実は間違ってる!男の頻尿の原因と効果絶大な治療法を解説

 

せっかくブログをやっているので、

私の知識を少しでも役立つ形で届けたいと思います。

20代でも尿もれは普通にある!

SPONSORED LINK

尿もれと聞くと高齢者の病気だと、

どうしても考えてしまいがちです。

 

専用のオムツが売られていたり、

高齢者を使ったCMを見たり、

無意識にそう感じているのです。

 

ところが尿もれって実は

女性に多い症状なんです。

 

特にここ数十年の間にかけて、

若い20代女性が発症するケース。

これが非常に増えてきています。

骨盤底筋のゆるみが原因!

56346202b6c84eacbd39342275770b74_s

尿もれの原因としてポピュラーなのが膀胱炎。

これはおしっこ時に膀胱が痛むので、

比較的気づく人も多いのです。

 

ですが膀胱炎以外にも、

女性の尿もれの原因はあります。

それが骨盤底筋のゆるみです。

 

字のごとく、骨盤の底の筋肉。

これがゆるんでしまうことで

尿もれを引き起こします。

 

お腹に力がかかった時に、

骨盤底筋がゆるいと膀胱が圧迫され、

尿もれを引き起こしてしまうのです。

 

骨盤底筋のゆるみの原因は

妊娠や出産がよく知られています。

どうしても身体全体がゆるんでしまうので、

こればかりは仕方のないことです。

SPONSORED LINK


そして近年多いのがデスクワーク。

パソコンが普及し1日中座っていると、

当然ながら膀胱も圧迫されます。

また、働けば意識しなければ

運動不足になってしまいます。

運動不足も骨盤底筋の原因なので、

デスクワークが拍車をかけるのです。

 

20代で妊娠も出産もしていなければ、

仕事上の原因を疑った方が良いでしょう。

尿もれを解決する2つの方法!

3d2a444234374accfef73f2485890ff9_s

尿もれを解決するには2つの方法があります。

1つが骨盤引き締め体操。

もう1つがサプリメントです。

 

骨盤引き締め体操は

毎日意識して続けることが必須。

詳しくはこちらのサイトにまとまっているので、

じっくり読んでみて下さい。

 

ただし、骨盤引き締め体操だけでなく、

ウォーキングなど日々の運動をすれば、

かなり楽に尿もれを解消できます。

6425a3c246e2cce50b3a62e2a4fa0420_s

2つ目がサプリメントです。

イソサミジンという成分が

膀胱に効果的に働きかけます。

 

かぼちゃの種も尿もれに効果的なので、

合わせてとることをオススメします。

 

個人的にはサプリメントを使いつつ、

骨盤引き締め体操をするのをオススメします。

 

サプリメントだけでは、

切らしてしまうと尿もれ再発のリスクがあります。

 

一方で骨盤引き締め体操だけでは、

膀胱周りに問題が合った場合、

対策をとることができません。

 

両方をバランス良く行うことで、

尿もれの原因を根本解決できますよ。
 

★もう1記事読むならこちら★

⇒禁酒の効果が出る期間は3週間!【3日坊主は肝臓に良くない】

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒爪囲炎に効く市販薬はリンデロン?【薬なしでも治せますよ?】

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ