【花粉症】2016年は例年と違う!ヒノキやスギの飛散はいつから?

こんにちは、ミズキです。

今日は花粉症を取り上げます。

 

実は私も花粉症に苦しんでおり、

春はマスクを欠かさずつける日々。

 

鼻がぐずつき肌も荒れるので、

人前で見せられる顔じゃなくなります…

 

1年で1番ゆううつな季節。

それが春です。

 

今回は2016年の花粉症について、

どれくらい猛威をふるうのか、

例年との違いを解説します。

 

私自身、花粉症の被害を最小限に

食い止めたく、独自にリサーチしました。

 

その結果、2016年の花粉症の流行には

例年と「大きな違い」があることに気づきました。

 

この違いに気づかないで、

例年通りに対策を進めていると、

想像以上に影響を受けてしまいます。

2016年の花粉症。飛散量やピークはいつから?

SPONSORED LINK

2016年の花粉症の特徴を表すと、

大きく以下の3つに集約されます。

以下、それぞれを解説していきます。

 

1、2015年より花粉飛散量が少ない

2、飛散のピークは4月上旬か

3、日によって大量飛散することが…

スギ ヒノキ 花粉症 違い 画像

1、2015年より花粉飛散量が少ない

 

これは嬉しいニュースですよね。

実は2015年は飛散量が多い年と言われています。

 

花粉症には隔年の法則が存在し、

飛散量の多い年と少ない年が

交互にやって来ると言われています。

 

つまり、2016年の飛散量は

全国的に少なくなるのです。

花粉症 対策 2016 画像

また、2015年の夏は冷夏と言われ、

日照時間も短く作物の発達に適さなかったのです。

 

作物が育たずに農家は大打撃を受けましたが、

スギやヒノキ等も十分に発育しておらず、

花粉飛散量も減少傾向になるのです。

 

隔年の法則と冷夏の影響。

この2点から、2016年は前年に比べ

飛散量が減少する可能性が高いのです。

SPONSORED LINK


2、飛散のピークは4月上旬か

 

次に飛散のピークです。

地域的な差はありますが、

これは例年と変わらず4月上旬頃がピークです。

 

敏感な人では2月下旬から

花粉症を発症してしまいます。

 

4月上旬のピークに向けて、

早めの対策をとる必要がありますね。

2016年の花粉症は油断していると…

花粉症 2016年 3月 4月 飛散量 対策 画像

最後に「3、日によって大量飛散することが…」です。

 

2016年の花粉の飛散量は

2015年に比べて減少します。

 

ですが例年と大きく異なるのは、

日によって飛散量の差が激しくなること。

突然飛散量が激増する日が予想されていることです。

 

特に注意が必要なのは

強風の日や雨の翌日。

通常の倍は花粉が飛散します。

 

特に春先は突風が吹くことが多いので、

マスクは複数枚携帯しておくことが望ましいんですよね。

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

また、スギやヒノキの発育が悪く、

その分花粉が飛びにくくなっています。

 

強風や雨の日の翌日など、

自然の力の後押しを受けることで、

一気に貯まっていた花粉が飛散する。

これには注意が必要です。

 

「去年よりも飛散量が少ないのか…」

油断すると大変な目に遭います。

 

マスクをつけるのは最低限の予防。

一番下にもリンクを紹介したのですが、

私はマヌカハニーというハチミツを使い、

花粉症を未然に防ぐことを始めました。

2016年の花粉症。西日本と北海道は注意が必要

逆流性食道炎 口臭 酸っぱい 画像

2016年の花粉の飛散量は少ないですが、

西日本と北海道は注意が必要です。

 

この両地域は2015年に

花粉がそこまで飛散しておらず、

2016年は飛散量が増加する可能性があります。

 

隔年の法則を紹介しましたが、

この2地域だけ例外なんですよね。

 

ただ、冷夏の影響もあってか、

そこまで増加しないのでは、という見方もあります。

 

2015年よりは増加するものの、

例年の平均値よりは下がると考えて下さい。

 

その他、地域ごとの飛散量の情報は

ウェザーニュースのサイトに詳しくまとまっています。

この記事と合わせて読んでみてくださいね。

 

★あわせて読みたい記事はこちら★

⇒マヌカハニーの効能で花粉症を止める!飲み物に混ぜるだけ!

⇒【時期が同じでも症状は…】スギとヒノキの花粉症の違いはこれだ!

⇒効果のありなしを決めるのはこの2つ!花粉症マスクの選び方

⇒【ひょうそうの治し方】押して膿を出し切るのを3日続けよう

SPONSORED LINK

★もう1記事読むならこちら★

⇒禁酒の効果が出る期間は3週間!【3日坊主は肝臓に良くない】

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒爪囲炎に効く市販薬はリンデロン?【薬なしでも治せますよ?】

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ