【花粉症】2016年のピークは?3月と4月の飛散量と対策

こんにちは、ミズキです。

今回は花粉症を取り上げます。

 

私も花粉症持ちなので、

毎年春先になると憂うつな気持ちに…

 

逃れたくても逃れられない。

一度かかると一生かかり続ける。

 

なった人にしかわからない苦しみ。

それが花粉症にはあります。

 

ただ、ひと口に花粉症と言っても、

年によって流行の度合いは異なります。

 

猛烈に流行する年もあれば、

例年に比べて大人しい年もあるのです。

 

できる限り対策は早くしたいので、

ウェザーニュースの情報を頼りに、

2016年の花粉の流行を予測しました。

2016年の花粉症のピークは?

SPONSORED LINK

実は2016年は昨年よりも

花粉の飛散量が少ないと予想されています。

 

2015年に花粉の飛散量が多かったため、

翌年は飛散量が少なくなることが予想される。

 

花粉症には隔年の法則が存在するので、

前年に流行すれば、翌年は大人しいのです。

※その分、2017年は流行するはずです…

花粉症 2016年 3月 4月 飛散量 対策 画像

また、2015年の夏は思った程暑くならず、

作物が不作の年と言われています。

 

スギやヒノキ等も例外ではなく、

生育が悪いので飛散量が減少するのです。

 

これらの理由から2016年は、

飛散量が減少すると言われています。

 

3月と4月はスギ・ヒノキ花粉が

大量に飛散する時期でもありますが、

例年に比べると大人しいと言えます。

SPONSORED LINK


ただし、西日本は例外です。

2015年に西日本は花粉の飛散が少なく、

2016年は大量に飛散することが予想されています。

2016年は花粉が大量発生する日も!

花粉症 2016 ヒノキ スギ 飛散 いつから ピーク 画像

ただし2016年独自の傾向として、

「ある1日に大量飛散する」可能性があります。

 

これはウェザーニュースも指摘しており、

強風や雨の翌日などを狙って、

貯まっていた花粉が一気に飛散するとのこと。

2016年はこの傾向が顕著に現れるとのことです。

 

風の強い日や雨の翌日は、

いつも以上に飛散していると言えますね。

2016年の花粉症。今すぐできる対策はこれ!

d3c81fc6b6ec7987487857eb7a58d551_s

2016年は例年ほど強烈ではないものの、

やはり花粉の飛散は避けられません。

 

早い地域で2月下旬から流行するので、

早めに耳鼻科へ行き薬を処方してもらってください。

 

また、マスクの着用は必須。

マスクをつけることで、花粉の95%

除去できるという研究結果もあります。

 

ガーゼタイプのもので、

立体型のマスクが特に効果的。

毎日取り替えて使用することで、

花粉症の被害を最小限に食い止められます。

 

例年通りの対策を行えば、

花粉症に悩むこともなくなります。

 

その他、私の場合は以下に紹介した、

マヌカハニーというハチミツを使っています。

 

このハチミツを食べ続けることで、

花粉症が自然に消えるとも言われています。

 

★こちらの記事もオススメ★

⇒マヌカハニーの効能で花粉症を止める!飲み物に混ぜるだけ!

⇒禁酒の効果が出る期間は3週間!【3日坊主は肝臓に良くない】

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒爪囲炎に効く市販薬はリンデロン?【薬なしでも治せますよ?】

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ