【2016年は広島も危険!】PM2.5の予報が鳥肌モノと話題!

こんにちは、ミズキです。

今日はPM2.5について紹介します。

 

春先にかけて日本でも流行するPM2.5。

中国の大気汚染が原因になっているので、

日本の周りに柵でも取り付けない限り、

どう考えても侵入を防ぐことはできません。

SPONSORED LINK

中国の様子が報道されるのを見ると、

もはや目を開けることすらキツそう…

あの中で住みたいとは思えません。

 

中国の大気は真っ白になっており、

日本でもその影響をモロに受けています。

 

特に被害が深刻なのが九州。

中国と近いということもあり、

まっ先に影響を受けているのです。

 

もちろん九州だけではなく、

関西や関東など全国的に

PM2.5の拡大が見られています。

広島でもPM2.5が拡大中!?

臭い玉 取り方 画像

今回取り上げる広島についても、

PM2.5の被害が拡大しています。

 

以下のNKHのサイトでは、

毎日の大気汚染状況を確認できます。

 

これを見ると2015年末から、

既に九州や中国地方の一部では

大気汚染の危険レベルが高まっています。

 

PM2.5は春先に流行するもの。

年末からきざしが見えているのは、

例年になく早いペースになります。

⇒サイトはこちら!

 

PM2.5の粒子は西風に乗って、

どんどん東へと流されていきます。

広島はその通り道であり、

九州からもほど近いため被害が拡大しやすいのです。

 

また、2016年は去年以上に

流行すると予報が出ています。

早めの対策をとることが必須と言えますね。

マスクは必需品!

SPONSORED LINK


PM2.5はぜんそくや気管支炎など、

呼吸器系の病気を引き起こします。

 

粒子があまりにも小さすぎるので、

鼻や口から吸い込んでしまうと、

あっという間に肺に到達するのです。

 

これは花粉症の粒子よりも小さいので、

花粉症対策のマスクでは効果がありません。

 

こちらの記事でも紹介している様に、

PM2.5対策用のマスクが必須となります。

⇒【日本製以外ありえない!】PM2.5対策マスクは3M!

 

日本やアメリカで実施される

専門の検査に合格したかどうか。

 

PM2.5対策のマスクを選ぶ上では、

これが基準になります。

 

なお、PM2.5の粒子を防げれば、

花粉症の粒子も同時に防げます。

 

花粉症対策と並行して活用すれば、

結果的にコスパも良くなりますよ。

手洗いうがいの徹底を!

PM2.5とは 原因 症状 影響 対策 画像

そして意外と効果的なのが手洗いうがい。

マスクをしていても手に粒子がつけば、

何かの拍子に吸い込むこともあります。

 

また、粒子のついた手で顔をさわるのも

非常に危険と言われています。

 

他の病気対策にも通じるのですが、

手洗いうがいは誰でも即効でできる対策です。

PM2.5対策としても有効なので、

こまめに実施することを意識してください。

 

2016年はPM2.5の流行年。

いつもより警戒レベルを高めて下さいね。
 

★もう1記事読むならこちら★

⇒禁酒の効果が出る期間は3週間!【3日坊主は肝臓に良くない】

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒爪囲炎に効く市販薬はリンデロン?【薬なしでも治せますよ?】

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ