【靴下選びが間違ってる】足の末端冷え性対策はユニクロで決まり

こんにちは、ミズキです。

今日は冷え性について取り上げます。

 

実は私、足の末端冷え性。

季節を問わずに常に冷たい。

特に冬場は靴下なしでは生きていけません。

SPONSORED LINK

漢方を飲んだりしょうがを食べたりと、

根本的な改善策も試してはいます。

 

ですがこれらは1日で効果があるわけではない。

じわじわと効き目が出るものです。

 

即効性のある対策をとらないと、

【今の】冷え性は解決しません。

 

じっくりお風呂に入ることも試しましたが、

上がって10分もすれば一気に冷えて来る。

 

しかも私は温熱じんましん持ちなので、

お風呂に長くつかることができません。

 

私の旦那も冷え性持ちなので、

お互いに体を震わせながら生活しています。

靴下選びを間違えている?

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

冷え性対策に効果的なのが靴下。

履いているのと履いていないのでは段違いです。

ただし、靴下の中にも

まったく効果のないものもあります。

 

履いていても寒さが伝わってしまい、

足がムレるだけになってしまいます。

 

末端冷え性対策として靴下を履いても、

防寒性を考慮していなければ意味はありません。

ユニクロのヒートテック靴下が一番!

56346202b6c84eacbd39342275770b74_s

私が試行錯誤の末たどりついたのは、

ユニクロのヒートテック靴下でした。

 

これ、温かさが持続するばかりか、

自ら熱を発しているかの様に感じられるのです。

 

旦那が仕事の時に履き始めてから、

室内用にも購入しました。

 

すると靴下をつたって襲う冷たさ。

これを全く感じなくなったのです。

 

インナーは既に試していましたが、

まさか靴下でも同じ感覚を得られるとは…

本当に脱帽しました。

冷え性対策に効果的な履き方

SPONSORED LINK


ヒートテック靴下を履けば、

間違いなく冷え性対策に効果的です。

 

値段も1足500円前後ですし、

男女それぞれ販売されています。

 

ただし、一層の効果を引き出すためにも

オススメの履き方があります。

 

まずは靴下の保管場所。

床に放りっぱなしはNGです。

 

いくらヒートテックといえども、

冷たい床の温度を吸収してしまい、

普段よりも温かさが弱まります。

 

また、同様の理由から

水気を含んだ靴下もNGです。

 

衣類の間にはさんで保管したりと、

冷たい状態にならない工夫は必要です。

6425a3c246e2cce50b3a62e2a4fa0420_s

次にオススメなのがスリッパ。

ヒートテック靴下は確かに温かいですが、

床に直に触れれば冷たさも感じやすくなります。

 

寝る時は問題ないのですが、

室内を行き来する時はスリッパを履くことで、

温かさが奪われにくくなります。

ムレにくいのもオススメ!

PM2.5とは 原因 症状 影響 対策 画像

そしてヒートテック靴下の最大の長所は、

他の靴下に比べてムレにくい点。

 

スーツ用の靴下にもなるくらいですから、

ムレ予防については徹底されています。

 

毛がモコモコした靴下の場合は、

すぐにムレてしまうのでマイナスですからね。

 

末端冷え性を今すぐ予防するには、

ヒートテック靴下が効果的です。

食事や漢方の対策はその後ですね。
★もう1記事読むならこちら★

⇒禁酒の効果が出る期間は3週間!【3日坊主は肝臓に良くない】

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒爪囲炎に効く市販薬はリンデロン?【薬なしでも治せますよ?】

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ