【手湿疹の手袋】オススメはゴムと綿の併用!刺激をカット

こんにちは、ミズキです。

今日は手の湿疹について取り上げます。

 

私たち主婦はもちろん、

調理場や水を使った作業が増える人には、

手湿疹は切っても切り離せない炎症。

 

どんな手袋を使うのが良いか。

あなたも一度は悩んだはずです。

 

市販のゴム手袋を使ってみても、

逆に湿疹がひどくなってしまう…

 

綿手袋が効果が良いと聞いたけど、

使ってみるとそうでもなかった…

 

いったい正解は何なのか…

 

結論から言います。

手湿疹に効果のある手袋は、

ゴム手袋と綿手袋の併用です。

 

この記事では手湿疹の原因はもちろん、

ゴムと綿の手袋の併用が良い理由まで、

詳しく解説していきます。

手袋から手湿疹が広がることも!

SPONSORED LINK


手湿疹に悩む主な原因。

それがです。

 

手の周りには皮脂という油が覆っており、

これが皮膚を乾燥から守ってくれます。

 

ですが水を頻繁に浴びることで、

あるいは紙を扱う仕事をしていると、

皮脂がはがれ落ちてしまうのです。

 

手を洗ったりお風呂に入ったり、

生活で最低限であれば問題ないです。

 

ただし、家事や仕事で水を使うことが多いと、

すぐに皮脂がはがれ落ち、手が乾燥してしまいます。

 

他にも洗剤やシャンプーを頻繁に使っていれば、

皮脂に悪影響を与えてしまいます。

 

ハンドクリームで保湿すれば多少は防げますが、

それでも限度はあります。

 

どれだけクリームを塗っても、

皮脂のはがれ落ちるペースが勝っていれば、

すぐに手が腫れ湿疹が現れます。

 

水に手が触れることを防ぐため、

手袋の着用がオススメされています。

おなら におい 改善 方法 画像

代表的なのがゴム手袋。

手にはめることで水や洗剤から守ってくれます。

 

しかしゴム手袋は結構くせ者。

ゴムが手に刺激を与えてしまうため、

手袋内では腫れが悪化しているケースも多いのです。

 

ゴムアレルギーや金属アレルギーだけでなく、

普通の人でもゴム手袋のしすぎはマイナスです。

 

また、綿の手袋を勧める人もいますが、

こちらはゴムに比べて水を通しやすい。

水や洗剤の刺激を受けやすいと言えます。

 

せっかく手袋をしているのに効果がない。

通気性は悪いので、むしろ湿疹が拡大するかもしれません。

ゴムと綿の併用こそオススメ!

PM2.5とは 原因 症状 影響 対策 画像

そこでオススメなのが併用。

まず綿手袋をはめて、

その上からゴム手袋をはめるのです。

 

これならゴムの刺激は皮膚に伝わらず、

水や洗剤も皮膚に届くことはありません。

 

私もこれを実践してから、

水回りで手湿疹が起こることはなくなりました。

 

もちろん通気性は悪いので、

3日に1回は洗ったりと対策は必要。

私の場合は思い切って、

1ヶ月使ったら捨ててしまっています。

 

手袋の中にばい菌やカビが繁殖していれば、

湿疹はより悪化すること間違いなしですからね。

 

他にもシャンプーやボディーソープ、

せっけん等は刺激の弱い物を選べば、

手への刺激をさらに防ぐことができます。

市販薬ならムヒソフト!

SPONSORED LINK

もちろん日々の対策は不可欠。

保湿クリームを塗ったり、

ステロイド系の薬を乗って下さい。

 

よくオススメされているのが、

リンデロンというステロイド軟膏。

 

私も買って試してみましたが、

刺激も少なく炎症を抑えることができ、

塗って2日できれいな手に戻っていました。

 

ただ、リンデロンは市販しておらず、

あくまでネットでのみ購入できます。

 

オススメできる商品ではありますが、

市販されている薬となれば、

池田模範堂のムヒソフトがオススメ。

 

刺激が弱く全身に塗ることもでき、

塗ってすぐに炎症を抑えてくれます。

かゆみ止めにも使え、万能な商品と言えます。

 

もちろん完治するわけではないのですが、

即効性は非常に高いので持っていて損はありません。

 

このサイトでも他の湿疹について紹介してますが、

幅広く使えるのが特にオススメですね。

⇒【突然肌が赤くなる】お風呂上がりにかゆいのは湿疹?蕁麻疹?

d3c81fc6b6ec7987487857eb7a58d551_s

水や洗剤の刺激以外にも、

様々な原因で手湿疹は発生します。

 

女性であればホルモンバランスの乱れから、

生理前には湿疹が起きやすいこともあります。

 

そんな時にムヒソフトがあれば、

すぐに湿疹を抑えることもできるんですよね。

 

もちろん(本当に)多少は刺激があるので

刺激が一切ないものが良いならワセリンしかありません。

 

ゴムと綿の手袋を併用することに加え、

薬も常備しておけば万全ですよ。
★もう1記事読むならこちら★

⇒禁酒の効果が出る期間は3週間!【3日坊主は肝臓に良くない】

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒爪囲炎に効く市販薬はリンデロン?【薬なしでも治せますよ?】

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ