【爪の内出血を早く治す方法】99%の人が見た目にダマされている

こんにちは、ミズキです。

今日は爪の内出血について解説します。

 

実は私は4年前、爪の内出血に悩んでいました。

 

もともと巻き爪の痛みもあったのですが、

それに加えて子供の運動会で

ちょっと足を踏ん張った時に、

足の親指の爪に激痛が走りました。

 

「何か嫌な予感がするな・・・」

帰宅後におそるおそる靴下を脱ぐと、

親指の爪の中が真っ赤になっていました。

 

内出血で爪全体が赤く、

歩くだけで痛みを感じる状況。

 

次第に痛みはひどくなり、

もはや立っているだけでしんどい状況に。

 

とはいえ、すぐに病院へは行かず、

1週間ほど自宅で様子を見ました。

 

内出血を早く治したいものの、

出血が終わればすぐに回復するだろうと考えていました。

爪の内出血を早く治す方法

SPONSORED LINK

ただし、後日病院で診てもらったところ、

爪の内出血を早く治す方法は1つしかないと言われました。

 

それが「手術」

爪をはがすことです。

 

爪をはがし、血痕を掃除してもらえば、

きれいな状態で新たに爪が生えて来ます。

 

約半年ほどかかってしまいますが、

跡形もなく内出血の跡を消し去れます。

 

ただし、手術には激痛が伴います。

私も爪を剥がされている瞬間は思わず声が出て、

気づけば涙が流れるほどでした。

 

その後1週間はお風呂にも入れず、

はがした傷跡の痛みに耐え続けました。

 

今となっては内出血の跡はないのですが、

当時は想像を絶する痛みでしたね。

ひょうそう 治し方 何科 市販薬 画像

ただし、ここで注意点があります。

 

爪の内出血を早く治すために、

必ず手術をしなければならないわけではありません。

 

手術をするかどうか。

爪が痛いかどうかが分かれ目です。

 

爪が痛い様であれば、

今すぐに手術をしてください。

 

一方で爪が痛くない様であれば、

爪を切りながら徐々に内出血跡を消し去る方法もあります。

 

ですがこの方法だと最低でも

1年はかかってしまいます。

 

痛みは伴わないものの、

非常に時間のかかる方法です。

 

また、内出血をそのまま放置すると、

爪の内部の衛生状況は悪化します。

 

できる限り早く内出血跡を取り除く。

これが非常に大事になって来ます。

【爪の内出血を早く治す方法】99%の人が見た目にダマされている

SPONSORED LINK

そう、99%の人が見た目にだまされています。

 

内出血が固まったと思ってひと安心する。

これでは内出血は早く治せません。

 

爪をはがして、一気に出血跡を拭き取る。

これこそ、一番早く治す方法です。

 

逆に保存療法と考えて、

内出血の跡を残しておくと、

不意に爪に刺激が入れば再度出血します。

 

最悪の場合は一生黒い血痕が残り続けるので、

早期に爪をはがすのが得策と言えます。

 

ちなみに爪の内出血を治療するには、

整形外科を受診してください。

 

★こちらの記事もオススメ★

⇒【足の親指の巻き爪】病院に行くかどうかのデッドライン

⇒巻き爪の原因【足は爪を切るだけで悪化する】

⇒【ヒールを履くと土踏まずが痛い】原因と対策を3分で解説

⇒禁酒の効果が出る期間は3週間!【3日坊主は肝臓に良くない】

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒爪囲炎に効く市販薬はリンデロン?【薬なしでも治せますよ?】

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ