たこつぼ心筋症の症状は?診断基準は未解明?治療法は?【熊本地震】

現在、熊本地震の被災者では

たこつぼ心筋症の発生が懸念されています。

 

心臓の一部が収縮しやすくなり、

文字通り「たこつぼ」の様に見えることから、

この名前がつけられました。

 

高齢の女性が発症しやすい病気であり、

突然の胸の痛みや息苦しさ、全身のだるさといった症状が出ます。

rp_6d7d03d48271a903c1077ec6128b8d1b_s-300x200.jpg

このたこつぼ心筋症。

エコノミークラス症候群とも似ているので、

混同してしまいがちなのが特徴。

 

セルフジャッジせずに、

医者の判断をあおぐのが得策だと言えます。

 

また、たこつぼ心筋症については、

持病がなくとも発症する可能性があります。

たこつぼ心筋症とは、診断基準は?

SPONSORED LINK

実はたこつぼ心筋症。

中越地震や東日本大震災の際にも

感染者が多かったことで知られています。

 

震災やそれに伴う避難生活、

精神的なショック等から発症しやすい病気と言えます。

 

診断方法としては心電図やエコー等がありますが、

精神的なストレスが原因となる場合がほとんど。

 

発症までのメカニズムは未解明ながらも、

震災ショックや避難所での気を遣う生活で、

自然と心臓付近にトラブルを抱えてしまうケースが多いのです。

 

最悪の場合、命の危険性にもつながるので、

決して軽く考えることのできない病気なのです。

SPONSORED LINK

ただし、精神的なショックが収まれば、

自然と治癒していくことでも知られています。

 

震災で一時的に患者が増えるものの、

落ち着き始めると回復に向かう傾向が、

これまでの大規模震災の時にもありました。

 

セルフジャッジをせずに、

まずは医者に相談する。

 

心臓にもつながる病気ですので、

これだけは徹底して下さい。

 

今回の熊本地震の被災者においても、

既にたこつぼ心筋症の症状が見られています。

 

できる限り早期に復旧が進み、

命の危険性が取り除かれることを願っています。

 

★もう1記事読むならこちら★

⇒禁酒の効果が出る期間は3週間!【3日坊主は肝臓に良くない】

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒爪囲炎に効く市販薬はリンデロン?【薬なしでも治せますよ?】

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ