【犬の歯科矯正にかかる費用は?】若い内にしかできない!

こんにちは、ミズキです。

今日は犬の歯科矯正について取り上げます。

 

我が家ではシェットランドを1匹飼っています。

散歩に行くとご近所さんと会話できますし、

犬同士で交流関係が広がるのはとても楽しい。

 

犬とはいえ立派な家族の一員。

まだ若いのですが先を考えると、

なかな寂しい気持ちも出て来ます。

6425a3c246e2cce50b3a62e2a4fa0420_s

さて、今回の話はご近所さんの中で、

犬の歯科矯正をした方がいたので、

詳しく話を聞いた内容をまとめました。

 

歯並びや噛み合わせが悪ければ、

歯科矯正をする人もいます。

 

それが犬にもできるとは思っていなかったので、

目からウロコの話でした。

犬の歯科矯正にかかる費用は?

SPONSORED LINK

犬の歯科矯正の費用は、

それこそケースバイケース。

 

何をどうするかによって、

あるいは年齢的な側面も踏まえて、

その時々で決まるものです。

 

ご近所さんは犬が1歳の頃、

歯科矯正を行いました。

 

理由としては乳歯の抜歯。

永久歯が生えて来ているのに、

乳歯が1本残っていたのです。

 

これでは永久歯が正しい場所に生えませんし、

将来的には親知らずの様に痛みを伴うかもしれない。

 

何より噛み合わせが悪いので、

老後に特に心配だと言われたそうです。

3d2a444234374accfef73f2485890ff9_s

ご近所さんの場合は10万円ほどで抜歯完了。

無事に矯正を終えることができました。

 

ただしどれくらい矯正を行うのかによって、

費用はまったく異なります。

 

それに全身麻酔をするケースも往々にしてあるので、

犬にも相当の負荷をかけます。

 

まずはお医者さんに相談して、

判断を仰ぐのが一番だと言ってました。

という話を聞いて我が家もさっそく、

かかりつけのお医者さんへ相談しました。

 

さいわい矯正の必要はないとのことでしたが、

人間と同じく歯は一生もの。

 

定期的に歯磨き棒を与える様になりました。

犬の歯科矯正は若い内にしかできない?

SPONSORED LINK

これもご近所さんが言われた言葉です。

 

年を重ねる内に体力もなくなりますし、

歯が成長して抜歯できなくなることもあります。

 

人間の歯科矯正も子供の内にやる様に、

大人になってからだと手遅れなケースも多いのです。

 

歯の相談は若い内に一度行った方が良いと言えます。

 

犬にとって歯の矯正は、

美容というよりも機能的な理由が主です。

 

噛み合わせが悪いままだと、

老後に満足に食事がとれない可能性だってありますからね。

 

繰り返しにはなりますが、

まずは1度、お医者さんに相談してみるのが良いですね。

 

★もう1記事読むならこちら★

⇒禁酒の効果が出る期間は3週間!【3日坊主は肝臓に良くない】

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒爪囲炎に効く市販薬はリンデロン?【薬なしでも治せますよ?】

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ