鼻の中のかさぶたを繰り返す3つの原因

こんにちは、ミズキです。

今日は鼻の中のかさぶたについてです。

 

「鼻の中にかさぶたができるの?」

何も知らずに聞くとビックリしますが、

私も旦那もこの症状に悩まされ続けました。

 

鼻の中も当然ながた皮膚の一部。

かさぶたができても何もおかしくありません。

指 ばい菌 痛い 病院 治す 薬 画像

ところが普段私達が目にすることはないので、

どうしても違和感が出てしまうんですよね。

 

ヒドい時には鏡でも見える大きさに…

 

実際に耳鼻科へ行き話を聞く中で、

鼻の中にかさぶたができる原因は大きく3つに分けられることがわかりました。

 

我が家では何度も繰り返しかさぶたが発生していたので、

まずは3つの原因を止める対策をとり始めましたよ。

鼻の中のかさぶたを繰り返す3つの原因

SPONSORED LINK

まず最初の原因は炎症です。

 

鼻の粘膜で炎症を起こしたり、

鼻をかむ機会が大量にやって来ると、

どうしてもかさぶたができやすくなります。

 

特に花粉症や鼻水を伴う風邪などにかかると、

頻繁に鼻をかむことになりますよね?

 

出血を伴うことは少ないものの、

すり傷の様に鼻の皮膚に傷がつけば、

どうしたってかさぶたが発生しやすくなります。

頭皮 できもの 痛くない 画像

しかも1度かさぶたができると、

何度も繰り返しかさぶたを発生しやすくなります。

 

鼻の皮膚がそれだけ弱っている証拠ですし、

何らかの対策が必要になって来ます。

 

病院で薬をもらうのも良いですし、

軟膏系の薬を鼻の中に軽く塗るのもありです。

 

私は医療知識に乏しかったので、

まずはオロナイン軟膏を塗りましたが、

ある程度の効果を感じることができました。

 

他にも、ドルマイシン軟膏もオススメですね。

爪 内出血 早く治す 方法 画像

ちなみに炎症が理由でかさぶたが発生するのは、

炎症の治りかけの時期が一番多いです。

 

何度も鼻をかんでいると、

鼻水(液体)が常に鼻の中を通っているので、

かさぶたとして固まってくれないんですよね。

鼻毛の抜き過ぎは要注意!

SPONSORED LINK

次の原因が「鼻毛の抜き過ぎ」

鼻毛を抜けば皮膚に刺激が行き渡ります。

 

目に見えないものの出血をしたり、

鼻毛の穴からばい菌が入り、

結果としてかさぶたになります。

 

このケースでは出血を伴ったり、

患部が赤く腫れ上がることもあります。

 

その後にかさぶたへと変化するのですが、

無理にはがそうとすれば出血します。

※これは他の場所のかさぶたと同じですね。

乳首 かゆい 原因 対策 ガン 画像

旦那がまさにこのケース。

鼻毛をつい抜いてしまい、

かさぶたになったのです。

 

ただ、裏を返せば対策は簡単。

鼻毛を抜くのをやめればかさぶたはできません。

 

鼻毛を何度も繰り返し抜けば、

当然ながらかさぶたも繰り返し発生します。

 

これは自分の意識次第で、

どうにでもなる対策ですね。

 

ドライノーズでかさぶたが発生する

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

最後の原因はドライノーズ。

鼻の粘膜が乾燥して炎症を起こすというもので、冬に特に多く見られます。

 

乾燥肌の方はイメージが湧きやすいですが、

手や足が乾燥すれば傷もつきやすく皮膚もはがれやすい。

そこからかさぶたも生まれやすいのです。

 

鼻の中もこれと同じ状態に。

 

乾燥して傷ついた鼻の中の皮膚を守るために、

かさぶたが繰り返し生まれているのです。

 

こんな時は耳鼻科へまず相談。

必要であれば皮膚科にも言って薬を処方してもらって下さい。

 

あるいは先ほども紹介した、

ドルマイシン軟膏がオススメですよ。

 

かさぶたができるのは完治に向かっている証拠

おなら におい 改善 方法 画像

ここまで3つの原因と対策を紹介しました。

 

基本的にかさぶたができるのは、

傷口にばい菌が入らない様に保護するためです。

 

間違いなく完治には向かっているので、

良い傾向ではあるんですよね。

 

ただ、鼻の中のかさぶただと、

周りからの見られ方も気になりますし、

何かと触りたくなってしまいます。

 

この記事で紹介した原因と対策を把握し、

上手く付き合っていくことが大事ですね。

 

★もう1記事読むならこちら★

⇒2016年はおたふく風邪が大流行!急ぎ予防接種を!今年は重症化します

⇒禁酒の効果が出る期間は3週間!【3日坊主は肝臓に良くない】

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ