指のささくれの原因はこの3つ!誰でも一瞬で痛みを治す方法も紹介

こんにちは、ミズキです。

今日は指のささくれについて取り上げます。

 

私はささくれが数ヶ月に1回はできており、

どうしたものかと悩み続けていました。

頭皮 できもの かさぶた 画像

このサイトでもこれまでの記事で、

あらゆる側面からささくれについて取り上げました。

 

想像以上の反響があり、

「みんなささくれに悩んでいるんだな」と感じました。

 

詳しくは一番下にまとめているので、

あわせて読んでみて下さい。

 

さて、今日はまずささくれが生じる原因。

これについて取り上げます。

指のささくれの原因はこの3つ!

SPONSORED LINK

まず1つ目の原因は「乾燥」です。

 

乾燥と聞くと冬場をイメージしがちですが、

夏であってもささくれは発生します。

 

想像しやすいのが水回りの仕事。

専業主婦やコックさんなどは、

水と切っても切り離せません。

 

どんなに気をつけていても、

洗剤を使えば手が荒れてしまいますし、

その分だけ乾燥しささくれは生じやすくなります。

 

こればかりは防ぎ様のないもの。

職業病とも言えますね。

頭皮 できもの 痛くない 画像

2つ目の原因は突発的なもの。

 

皮膚の生え変わりによってささくれが生じるケース。

あるいは爪切りに失敗して生じたケース。

これも基本的には防ぐのは難しいです。

 

 

そして3つ目の原因が「爪かみ」

私は子供時代に爪をかむ癖がありましたが、

かめばかむ程ささくれは生じやすくなります。

 

爪と一緒に皮膚をかんでしまうこともあるので、

そこからささくれは発生するんですよね。

 

これについては解決策がシンプル。

爪かみをやめれば良いのです。

指のささくれで炎症が起きても治す方法は存在する!

SPONSORED LINK

最悪なのはささくれをはがした時に、

そこからばい菌が入り炎症を起こしてしまうケース。

 

化膿して通常時の2倍近くにふくれあがり、

気づけば激痛を伴っているのです。

 

ささくれは単に放置すれば良いのですが、

どうしても無意識にはがしてしまえば、

それだけリスクは増えます。

 

もし化膿してしまった場合は、

指をもう片方の指2本でグッと広げて下さい。

一気に膿が飛び出して来ます。

ひょうそう 治し方 市販薬 画像 

膿こそが腫れや痛みの正体。

膿を出し切れば、すぐに回復してくれます。

 

もちろん1日で膿は出切らないので、

最低でも3日は連続して続けることが大切です。

 

薬をつけるより安く、早く回復しますよ。

 

指のささくれの原因を抑えつつ、

なってしまった時にしっかりと対処する。

これさえできれば、十分にリスク管理はできています。

 

★もう1記事読むならこちら★

⇒指のささくれで薬を使うのは逆効果?痛みを3日で治療する方法

⇒ささくれが化膿した!【薬なしで自然治癒する方法を試してみた】

⇒指のささくれを治すには放置するのが唯一の解決策!

⇒禁酒の効果が出る期間は3週間!【3日坊主は肝臓に良くない】

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒おたふく風邪が大流行!急ぎ予防接種を!今年は重症化します

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ