休肝日なしの方が身体に良い?【結局は総摂取量がポイント!】

こんにちは、ミズキです。

今日は休肝日について取り上げます。

 

以前の記事でも休肝日について取り上げました。

 

私の旦那が毎日の様に仕事で飲んでいたので、

ついに健康診断で肝臓に異常が見つかり、

まずは休肝日を取ることから始めたのです。

 

最終的には禁酒・断酒を行い成功したのですが、

いきなり禁酒や断酒はハードルが高いです。

 

まずは休肝日を取りながら、

お酒を飲むペースを落としていくと良いです。

 

ところが一説によると、

休肝日はなしでも構わない。

むしろ休肝日は肝臓への負担と何の関係もないという説があります。

休肝日なしの方が身体に良い?

SPONSORED LINK

休肝日なしの方が身体に良いという説の根拠は、

アルコールの総摂取量に基づいています。

 

お酒を何日飲むかよりも、

どれだけのアルコールを摂取したか。

これが肝臓に悪影響を与えるというものです。

 

アルコールの分解にかかる時間は、

どのお酒をどれだけ飲むかによって変わります。

 

またお酒を飲めば飲む程、

摂取するアルコールも多くなります。

 

どれだけ飲む頻度を減らしても、

一度に大量のお酒を飲めば意味ないというものです。

口臭チェッカー 精度 正確 画像

確かにこの主張は理解できます。

それこそ急性アルコール中毒等の症状は、

一度に多量のアルコールを摂取したから起こるもの。

 

毎日飲み続けて起こる症状ではありません。

 

また多量のアルコールを摂取した翌日は、

どことなく肝臓がムカムカして来ます。

 

これも肝臓に多大な負荷がかかっているためです。

 

実際、海外では日本の休肝日の習慣については、

風習や迷信的な存在として伝えられている様です。

 

日本と海外ではアルコールへの耐性が異なりますが、

海外では日本ほど休肝日の概念はないのかもしれませんね。

休肝日はあった方が良い!

SPONSORED LINK

確かに無理して休肝日を設定して、

その反動で飲み過ぎてしまえば逆効果です。

 

それでも我が家での経験から、

休肝日なしよりはあった方が良いと考えています。

 

やはりお酒を抜く日を作ることで、

集中的に肝臓を休ませることができますし、

反動さえ起こらなければ総摂取量も減らせます。

 

そこで反動を減らすための方法として、

私は炭酸水をオススメします。

 

ビールも炭酸が入っているので、

炭酸水でどこか飲んだ気分になれますし、

お腹もふくれるので食べる量も減らせます。

PM2.5とは 原因 症状 影響 対策 画像

お茶や水、ノンアルコールビールだと、

一部には反動が出やすい人もいる様ですが、

炭酸水は一番反動が出にくいと感じています。

 

あくまで我が家での経験を基にしていますが、

少なくとも旦那は反動が起こることはありませんでした。

 

★もう1記事読むならこちら★

⇒休肝日の取り方【大事なのは日数よりも感覚!】

⇒ノンアルコールビールは休肝日にNG!我が家で体験した恐怖の症状

⇒休肝日の過ごし方【何を食べるか、何を飲むかがポイント!】

⇒禁酒の効果が出る期間は3週間!【3日坊主は肝臓に良くない】

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒おたふく風邪が大流行!急ぎ予防接種を!今年は重症化します

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ