休肝日の取り方【大事なのは日数よりも感覚!】

こんにちは、ミズキです。

今日は休肝日の取り方について取り上げます。

 

私の旦那は営業をしていますが、

仕事柄どうしても飲み会が多くなってしまいます。

 

一時期は毎日の様に飲んで帰って来ましたし、

お酒好きなので土日も家で飲んでいましたね。

 

私も一時期つられて飲んでいましたが、

やはり毎日の様に飲み出すと身体には悪影響が出ます。

 

30代になってすぐ、

健康診断で肝臓に異常が…

 

子供が生まれたばかりのタイミングだったので、

一念発起してお酒を断とうと踏み出しました。

風疹 予防接種 避妊 画像

以前の記事でも紹介しましたが、

最終的には禁酒に踏み切って成功。

今はお酒を飲みたいと感じることもなくなりました。

 

とはいえ禁酒を達成するまでには色々あって、

一筋縄ではいかなかったのです。

 

そこでまず最初に挑戦したのが、

休肝日を上手く取ることです。

休肝日の取り方で大事なのは日数ではない!

SPONSORED LINK

休肝日とは名前のとおり、

お酒を抜いて肝臓を休ませる日です。

 

お酒(アルコール)を分解するのは肝臓。

ですが負担をかけすぎると異常をきたし、

ガンにつながることだってあるのです。

 

休肝日について一般的に言われているのは、

「週に何日休肝日を作るか」です。

 

多いのが週に2日休肝日を取るというもの。

平日は飲んで、土日は休肝日にするというものです。

 

ですがこれ、私達の体験談も踏まえれば、

間違っていると考えています。

 

週に何日という考え方ではなく、

何日に1回休肝日を取るかという様に、

間隔こそが大事になって来ます。

爪 内出血 早く治す 方法 画像

アルコールが体内から抜ける期間には個人差がありますが、

おおむね2日あれば、完全に抜けると言われています。

 

つまり完全にアルコールが抜けていなければ、

肝臓はアルコールを分解し続ける、

働き続けるということになります。

 

平日ずっと飲み続けていれば、

その分だけ肝臓も働き詰めになります。

 

土日休んでアルコールは完全に抜けますが、

月曜日からはまた働かなければならない。

 

かなり負担の大きい休肝日の取り方なんですよね。

休肝日の間隔はこれが最適

SPONSORED LINK

そこで我が家の体験談も含めて、

これから紹介する休肝日の取り方をオススメします。

 

まず土日(仕事のない日)は必ず休肝日にすること。

これは徹底して下さい。

 

友達同士の集まり等があれば仕方ないですが、

できる限り休肝日を取る様に意識してください。

 

そして平日ですが、最低でも水曜日は休肝日にしてください。

 

週の真ん中で1日休ませて下さい。

完全にアルコールが抜けないものの、

肝臓の負担を軽減させる効果があります。

 

月 火    水   木 金

【お酒】 【休肝日】 【お酒】

 

こんなイメージですね。

切れ痔 出血 止まらない 画像

そしてもし可能ならば、

火曜日と木曜日を休肝日にすることをオススメします。

これができたら一番ベストですね。

※月・水・金という休肝日の取り方もOKです。

 

1日おきに休肝日をとれたら、

かなり肝臓への負担を軽減できます。

 

★もう1記事読むならこちら★

⇒ノンアルコールビールは休肝日にNG!我が家で体験した恐怖の症状

⇒休肝日なしの方が身体に良い?【結局は総摂取量がポイント!】

⇒休肝日の過ごし方【何を食べるか、何を飲むかがポイント!】

⇒禁酒の効果が出る期間は3週間!【3日坊主は肝臓に良くない】

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒おたふく風邪が大流行!急ぎ予防接種を!今年は重症化します

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ