2017年のインフルエンザ予防接種【例年より早めに受けるのが正解】

こんにちは、ミズキです。

今日はインフルエンザについて取り上げます。

 

毎年冬の時期になると必ずといって良いほど、

インフルエンザの話題は登場しますよね。

 

新型ウイルスが流行する年もありますし、

感染すると1週間は完治までかかりますし、

決して油断できない感染症の1つです。

指 ばい菌 腫れる 画像

実際私は中学時代の卒業式前日に、

まさかのインフルエンザを発症しました。

 

卒業式へ行けないショックを味わってからは、

親子ともども年に2回の予防摂取を受けています。

 

インフルエンザワクチンが効かないという声もありますが、

打っておけば重症化は防げます。

 

費用はかかりますが、

安全を取った方が良いと我が家では考えています。

2017年のインフルエンザの予防接種を受ける時期は?

SPONSORED LINK

さて、今回は2017年のインフルエンザ予防接種。

いつ受ければ良いのか、最適な時期をお伝えします。

 

インフルエンザワクチンも、

摂取してすぐに効果がでるものではありません。

 

数週間は免疫が生まれるのにかかりますし、

1度より2度摂取した方が安心とも言われています。

 

ただし2017年の摂取時期は注意が必要。

例年より早く摂取した方が良いと言われています。

 

というのも2016年の流行が比較的遅く、

夏にも一部では流行していました。

 

過去の歴史をひも解いてみると、

前年の流行が遅かった場合、

翌年は例年並みか例年より早くなるのです。

 

つまり2017年のインフルエンザは、

例年より早く流行する可能性もあるのです。

 

予防接種は10月から受け始めよう!

SPONSORED LINK

11月に入って受け始める人も多いですが、

2017年は例年より早く、10月には摂取した方が良いでしょう。

 

10月にまず摂取して、

体内に抗体を作っておくべきです。

 

10月と11月に摂取すれば、

万全の状態で12月を迎えられます。

 

ちなみにワクチンの効果については、

最大でも6ヶ月と言われています。

 

インフルエンザの流行時期は、

毎年12月〜3月までとされています。

10月に摂取しても、十分に効果は持続します。

ひょうそう 治し方 何科 市販薬 画像

インフルエンザは毎年の様に変異するので、

ワクチンも日々改良が進んでいます。

 

「去年打ったから今年は大丈夫」というわけではないので、

2017年も必ず摂取する様にしてください。

 

もちろんワクチンの接種だけではなく、

手洗いうがいやマスクの着用も意識して下さいね。

SPONSORED LINK

インフルエンザ予防にR1ヨーグルトは効くのか?

そして最近話題のR1ヨーグルト。

インフルエンザ予防に効果があると信じられており、

秋冬シーズンになると流行り始めますよね。

 

インフルエンザの予防接種を受けることに加えて、

R1ヨーグルトでさらに予防力を強化しようと考えている人もいます。

 

これについては私自身気になったので、

本当に効果があるのかをこちらの記事で取り上げています。

飲んでおいて損はないが、効果があるとは言い切れない様です。

 

それよりむしろ手洗いうがいが重要。

石けんで手洗い・イソジンでうがいをすることは、

最強のインフルエンザ予防法になりますね。

足 親指 爪 変色 画像

★もう1記事読むならこちら★

⇒2017年のインフルエンザの流行時期【ピークは例年より早い!】

⇒【2016年夏の傾向と対策】インフルエンザの流行状況をチェック!

⇒2017年のインフルエンザワクチンの効果は?【最新情報を公開】

⇒ばね指の原因はこの2つ!治療法で効果があるのはこれ!

⇒ばね指の手術で後遺症!?失敗を避けるために事前に確認すべきこと

⇒ばね指のテーピング法を公開!でも根本的な解決にはならない(涙)

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒おたふく風邪が大流行!急ぎ予防接種を!今年は重症化します

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ