突然指が内出血!【3つの原因と対策を実体験から公開】

こんにちは、ミズキです。

今日は指の内出血について取り上げます。

 

ケガをすれば血が出ることがありますが、

厄介なのは内出血です。

 

出血すれば数日で痛みも引きますが、

内出血すると何日も痛みを引きずるかもしれません。

 

あざの様に腫れ上がることもあるので、

非常に厄介な状態なんですよね。

 

ただし内出血を起こす時には、

何らかの前ぶれが必ずあります。

 

どこかにぶつけたり転んだりと、

「まぁ仕方無いかな・・・」と思えることも多いのです。

SPONSORED LINK

ところが先日、突然指が内出血を起こしました。

 

お箸を握っただけなのに、

急に指に激痛が一瞬走り、

しばらく経過して内出血が発生していたのです。

 

ちょうど同時期に私の母親も内出血を起こしましたし、

「これは何かマズいかも…」と思い内科を受診しました。

突然指が内出血する原因

ばね指 原因 治療 画像

これについて考えられるのが「血管の損傷」です。

 

血管を損傷したからといって、

重症になるわけでは一概にありませんが、

私達の体内には毛細血管といってものすごく細い血管が存在します。

 

毛細血管の一部に損傷が見られたために、

急に痛みを伴い内出血が発生したのです。

 

ではなぜ毛細血管が損傷したのか。

これにはいくつか原因があります。

 

まず考えられるのが老化。

年をとるほど血管も細くなるそうで、

毛細血管が切れやすくなってしまうとお医者さんは言ってました。

 

私の母も既に60代。

若い頃には経験がなかったということなので、

老化が原因だと考えるのが一般的かもしれません。

ひょうそう 治療 薬 画像

次に考えられるのが運動不足。

今回のケースでは、指を日常的に使っていないケースです。

 

これは他の部位でも同様ですが、

使わなければ筋肉や細胞は衰えていきます。

 

その結果、急に力を入れたりすれば、

突然血管が損傷してしまうことがあるそうです。

乳首 かゆい 原因 対策 ガン 画像

そして他に考えられるのがストレスや睡眠不足。

体に負担がかかっているので、

体調を崩しやすくなったりケガをしやすくなるのです。

 

慢性的ではなく突然症状が現れるなら、

これらの原因が考えられますね。

突然指が内出血しないための対策

SPONSORED LINK

一度内出血を引き起こしてしまうと、

慢性的な症状となるケースもあります。

 

お医者さんも対処はしてくれますが、

日頃の心がけがより重要であると言ってました。

 

例えば指を日常的に動かすこと。

手をグーパーと交互に繰り返すことで、

指の運動と血の巡りを良くすることができます。

これも予防策の1つですね。

 

後はしっかりとお風呂に入って、

指の先まで血の巡りを良くすることです。

 

特に冬に内出血を起こしやすい人や、

末端冷え性の人はシャワーだけでなく湯船にもつかってくださいね。

 

あとは規則正しい生活や食習慣。

これは他の病気を防ぐ意味でも重要ですね。

 

★もう1記事読むならこちら★

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒ばね指の原因はこの2つ!治療法で効果があるのはこれ!

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒おたふく風邪が大流行!急ぎ予防接種を!今年は重症化します

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ