【唇に異変が!】病院は何科へ行けば良いのか?体験談も踏まえ語る

こんにちは、ミズキです。

今日は唇について注目します。

 

息を吸うにもご飯を食べるにも、

唇がなければできないことは意外と多いんです。

 

唇が腫れたり病気になってしまうと、

日常生活がものすごく不便になってしまう。

私もこんな経験が多々あります。

 

しかも私の場合は半年に1回くらい、

唇が突然腫れてしまうことがあります。

 

体質的なものだとお医者さんから言われたので、

もはやそういうものだと割り切っていますが、

それでもなかなか不便な生活をしています。

⇒突然唇が腫れた!【原因と治療法を公開】病院へ行かずに治せる?

 

あるいは口唇ヘルペス。

最近は患者数が増えていると言われています。

 

唇が急に膿んでしまったり出血したり、

私も何度も発症していますが結構つらいんです。

SPONSORED LINK

唇の異変を自力で治そうとする人は多いです。

 

「ちょっとリップクリーム塗れば何とかなるんじゃないか…」

 

でも、症状によっては自力ではなく、

しっかりと病院で見てもらった方が良いのです。

 

特に口唇ヘルペスの場合は立派な感染症です。

周りに移すリスクもはらんでいるので、

早急に病院へ行った方が良いと言えます。

唇の病気は何科の病院へ行けば良いか?

SPONSORED LINK

ただ、私も自力で解決しようとしていました。

程度のひどい口唇ヘルペスを発症したため、

病院を探していました。

 

「何科へ行けば良いのだろう…」

 

ちょうどその時ひょうそという別の症状に悩まされていたので、

かかりつけの皮膚科へ思い切って相談へ行きました。

 

よ〜く考えてみると、

唇も皮膚の一部です。

 

皮膚科へ行けばしっかりと診察してもらえるのです。

 

それに「ヘルペスひょうそ」という症状もあるくらいで、

これは皮膚に炎症が起きていることを指します。

⇒ヘルペスひょう疽の治療法【自力で治す方法も解説】

 

 

まずは皮膚科へ行ってみる。

その上で判断を仰ぐ。

 

唇の異変についてはこれが一番です

 

病院へ行かずにできるセルフケア

ひょうそ 治らない 画像

唇に異変が起きたら病院へ行くのが一番です。

ですが簡単なケアなら自力でやることもできます。

 

例えばリップクリームを塗ること。

初期対応としては積極的に活用してください。

 

唇の乾燥を防ぐことで、

ばい菌の流入や炎症の拡大を防ぐことができます。

 

もちろんリップクリームだけでは解決しないので、

頃合いを見て病院へ行って下さい。

 

しかし重症化を防ぐという意味では効果を発揮します。

おなら におい 改善 方法 画像

次に意識して欲しいのが睡眠。

寝不足によって唇が腫れることは往々にしてあります。

 

特に疲労やストレスが唇に出やすい人は、

すぐに腫れ上がってしまうのです。

 

まずは6時間睡眠を規則正しくとる。

その上で栄養ある食事をとることが予防策になります。

 

病院へ行って一時的に治療しても、

ストレス等の根本原因を解決しなければ再発の恐れもありますからね。

PM2.5とは 原因 症状 影響 対策 画像

★もう1記事読むならこちら★

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒ばね指の原因はこの2つ!治療法で効果があるのはこれ!

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒おたふく風邪が大流行!急ぎ予防接種を!今年は重症化します

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ