鼻の脂がにゅるにゅるする!【自力で押し出すのが危険な理由】

こんにちは、ミズキです。

今日はに注目します。

 

呼吸するのに不可欠な鼻ですが、

年を重ねるうちに何だか汚くなってしまいますよね(笑)

 

まあ老化もしますし仕方ないのですが、

鼻をグッと押すとにゅるにゅるした脂が出て来ることがあります。

 

ネットを調べているとこれに快感(?)を覚え、

にゅるにゅるを押し出している人の話も目にしました。

 

「いったいこれは何だろう…?」

 

気になって掛り付けの皮膚科医に相談したところ、

にゅるにゅるの正体が判明しました。

鼻の脂がにゅるにゅるするのは角栓

SPONSORED LINK

にゅるにゅるした脂の正体は角栓です。

 

角栓とは皮膚の脂にタンパク質が混ざり合ったもの。

老廃物だと思って下さい。

 

通常私達の体ではたまった老廃物は吐き出されます。

※角質なんかも老廃物ですよね。

 

ところが何らかの原因で上手く排出されず、

体の中にたまってしまうことがあるのです。

 

角栓もまさにその一種。

鼻を押したことでグッと飛び出て来たと言えますね。

 

角栓をたまったままにしておけば、

鼻がむくんで見えることもありますし、

どこか黒ずんだ様に見えてしまいます。

 

まぁ、あまり見栄えは良くないと言えますね。

 

毛穴も目立ってしまうので、

早く取り除きたいと考える人は多いのです。

rp_803647cd35396f52014ee7dd299c1a77_s-300x200.jpg

その一方で角栓が毛穴をふさいでくれているからこそ、

毛穴を外気から守ってくれているという見方もできます。

 

外気に触れる中でばい菌が入れば、

皮膚に刺激を与えることにもつながってしまうのです。

 

そもそも角栓自体はあって良いもの。

老廃物は当然たまっていくので、

自然な形で排出されていないのが問題なのです。

 

鼻の角栓を押し出してしまえば、

人工的にしか排出できていないということになります。

 

この状態は非常に危険。

さらに角栓が詰まりやすくなりますし、

自然に排出されない状態へ悪化する可能性も秘めています。

 

角栓が鼻にたまる原因

SPONSORED LINK

ではどうして自然な形で角栓は放出されなくなったのでしょうか?

 

まず考えられるのが肌のトラブル。

 

紫外線をものすごく浴びていたりとか、

洗顔がきちんとできていなければ、

それだけ肌にも負担をかけています。

 

正常な形で老廃物の排出が行われていないと言えますね。

 

 

次に考えられる原因が老化。

これは角栓だけに限りませんが、

老化するほどに体内の機能は衰えていきます。

 

上記の対策を丁寧に行うことで、

老化しても角栓がたまりにくい状態にはできます。

ひょうそう 治療 薬 画像

そしてこれは重要なのですが、

鼻のにゅるにゅるした脂を押し出し続けると、

鼻だけが老化のスピードが早くなります。

 

鼻毛を抜き過ぎるほど老化が早くなり、

鼻毛で白髪が増える若者もいる様です。

構造はこれと同じですね。

 

 

そして最後の原因は生活習慣とストレス。

 

食生活の乱れや夜ふかし、

仕事や人間関係のストレスがたまると、

角栓もたまってしまう傾向にあります。

 

食生活と睡眠については意識次第で治せます。

まずは規則正しい生活習慣を意識してみてください。

おなら におい 改善 方法 画像

★もう1記事読むならこちら★

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒ばね指の原因はこの2つ!治療法で効果があるのはこれ!

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒おたふく風邪が大流行!急ぎ予防接種を!今年は重症化します

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ