背中にできものが!【しこりが発生する原因と適切な治療法を公開】

こんにちは、ミズキです。

今日は背中のできものについて取り上げます。

 

私が高校生の頃に、

背中の真ん中辺りにニキビの様なできものができました。

 

「ニキビかな」と思い編に触らず放置していましたが、

いつまでたっても消えることはありませんでした。

 

むしろ痛みを伴わないものの、

しこりの様な形で今でも残り続けています。

 

多少押せば痛みはしますが、

背中とあって気にも留めずに過ごして来ました。

 

とはいえ背中にずっとしこりがあるのも気になりますよね。

 

同じ症状で悩んでいる方も結構いたので、

思い切って病院へ行き、原因と治療法を聞いてみました。

背中にできものが!しこりが発生する原因

SPONSORED LINK

まず考えられるのがアテローム(粉瘤)です。

これは皮脂や角質の老廃物です。

 

通常であれば新陳代謝で勝手に消え去るのですが、

何からの原因で体内に残ってしまうことがあります。

 

老廃物が体内に残っていると聞くと、

まぁ良い気分はしませんよね(笑)

 

ただしほとんどが良性の腫瘍なので、

刺激を与えず放置しても問題ありません。

 

とはいえたまに悪性に転移しガンの原因にもなるので注意は必要ですね。

 

ちなみにアテロームは背中だけではなく、

お尻や耳、首や顔にも生じることがあります。

 

背中にできるしこりのほとんどがアテローム。

まれに軟部腫瘍という厄介なケースもありますが、

すぐにバタバタする必要はないと言えます。

背中のできものの大きさがポイント!

SPONSORED LINK

できてからどんどん肥大化しているケース。

あるいは既に1センチを越えているケース。

 

これは悪性腫瘍の可能性も疑われます。

 

決して悪性に転移するケースは多くないものの、

可能性は否定できません。

 

そして痛みを伴うケース。

これも注意が必要ですね。

 

ギューっと押して痛みがある。

これは当然でしょう。

 

多少触っただけで痛みを感じる場合は、

病院を受診した方が良いと言えます。

 

背中にしこりができたら何科の病院へ行けば良いのか?

インフルエンザワクチン 2017年 効果 画像

背中のできものについては、

まずは皮膚科を受診して下さい。

 

良性なのか悪性なのかの見極めを行ってくれますし、

程度がひどければ別の大きな病院を紹介してくれることもあります。

 

一番やってはいけないのが、

自分でしこりをつぶそうとすることです。

 

痛みが増したり悪性に転移したりと、

良いことは1つもありません。

 

気になったなら皮膚科を受診すること。

これをオススメします。

ひょうそう 治療 薬 画像

★もう1記事読むならこちら★

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒ばね指の原因はこの2つ!治療法で効果があるのはこれ!

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒おたふく風邪が大流行!急ぎ予防接種を!今年は重症化します

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ