インフルエンザの予防にタミフルは効果がない?意外と知らない効き目

こんにちは、ミズキです。

今日はインフルエンザについて取り上げます。

 

毎年飽きも終わりにさしかかると、

徐々にインフルエンザの猛威が頭をよぎる様になります。

 

ニュースでも必ずと行って良いほど特集されますし、

感染すると1週間近く寝込む必要があります。

体もだるいですし良いことないですよね。

SPONSORED LINK

しかもインフルエンザの厄介なところは、

どれだけ対策をしても感染のリスクがあることです。

 

我が家では必ず予防接種を受けていますが、

100%感染しないことを保証するものではありません。

※2回予防接種を受けても感染したことはあります。

 

抗体ができるまで約半月かかるので、

11月上旬には予防接種を受けて、

後は手洗いうがいを徹底するしか方法がありません。

 

あとはインフルエンザには潜伏期間があり、

ほとんど自覚症状がでないことが普通です。

 

学校などで集団感染する理由の1つも、

潜伏期間中に登校してしまうからです。

 

ある意味、防ぎ様がない部分もあるのですね。

インフルエンザの予防にタミフルは効果がない?

インフルエンザ タミフル 飲まない 画像

さて、今回はインフルエンザにかかったケース。

これを取り上げます。

 

もしあなたがインフルエンザを発症しても、

できる限り軽度な症状で済ませたいですからね。

 

 

おそらくインフルエンザらしき症状がでたら、

まずは病院で診断を受けるはずです。

 

体がだるい中で待ち時間を耐えるのは苦痛ですが、

インフルエンザと診断されないと不安ですからね。

 

ここでタミフルをもらい、

自宅で静養するのです。

長くても1週間あれば完治します。

 

さて、ここで多くの方が誤解しているのがタミフルの効果。

 

タミフルにはインフルエンザを予防する効果も、

そして熱を下げる効果もないと言われています。

タミフルの本当の効果

SPONSORED LINK

タミフルの効果とは、

インフルエンザウイルスの増殖を防ぐこと。

つまり「これ以上ウイルスが増えるのを防ぐこと」なのです。

 

既に体内にあるインフルエンザウイルス。

これらを撃退するわけではありません。

 

あくまで今後ウイルスが増えない様に対策するだけなのです。

 

そういう意味では、予防効果があるとも言えますが、

1年に2度、インフルエンザにかかる人もいるので、

確かなことは言えない状態です。

 

ですのでタミフルを飲んだとしても、

熱が下がらないどころか上がってしまうケースもあります。

 

タミフルの効果を勘違いしていると、

「まったく効き目がない!」と誤解してまいます。

 

今体内にいるウイルスについては対処できないので、

そこは注意が必要ですね。

背中 できもの しこり 原因 治療法 画像

★もう1記事読むならこちら★

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒ばね指の原因はこの2つ!治療法で効果があるのはこれ!

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒おたふく風邪が大流行!急ぎ予防接種を!今年は重症化します

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ