足のむくみは何科へ行けば治る?原因によって受診する病院は異なる

こんにちは、ミズキです。

今日は足のむくみについて取り上げます。

 

足のむくみは特に女性であれば、

毎日の様に気になってしまうテーマ。

※少なくとも私は気になってしまいます。

 

生理前にむくんでしまったり、

それこそ朝と夜で倍近く太さが違ったり、

もはや生きている限り悩み続ける様な気がしています。

 

足のむくみ対策のサプリも売ってますが、

一度しっかりとお医者さんに診てもらった方が、

原因と対策もはっきりとわかります。

 

ひと口に「足のむくみ」といっても原因は様々なので、

この記事では原因別に何科の病院へ行けば良いのかをお伝えします。

足のむくみは何科の病院へ行けば治る?

SPONSORED LINK

足のむくみの原因。

これは大きく分けると2つになります。

 

まず1つは突発性のもの。

一時的にむくみが発生したケースです。

 

例えばストレスや睡眠不足。

これらがむくみという形で出やすいこともあります。

 

あるいは長時間の座り作業。

これも次第に足がむくんでしまいます。

 

その他一時的に代謝が悪くなったり、

リンパの流れが悪くなることで生じることがあります。

 

これらは一過性のものですので、

しっかりと原因を解決することで収まっていきます。

 

あるいは運動不足がむくみにつながることもあります。

定期的に歩いたりと足を動かす必要があります。

病気がむくみを引き起こす?

SPONSORED LINK

そしてもう1つの理由は病気。

体のどこかが不調のため、むくんでしまうケースです。

 

多いのが血行障害。

血管での血流の流れが滞ってしまい、

次第に足がむくんでしまうのです。

 

高齢化に伴って血流の流れが悪くなることもあれば、

動脈硬化予備軍の場合もあるので要注意と言えますね。

 

これ以外にも腎臓や肝臓に疾患があると、

足がむくみやすいと言われています。

 

さらには肩こりがむくみにつながるケースもあり、

体の不調という不調は疑ってかかった方が良いですね。

 

足がむくむとこんな危険なことに!

インフルエンザ 予防 タミフル 効き目 2017 画像

足がむくむと日常生活で疲れを感じやすくなったり、

足が頻繁につる様にもなってしまいます。

 

さらには動脈硬化を引き起こす可能性もあるので、

慢性的なむくみになやまされたら病院を受診してください。

 

原因は様々考えられますので、

まずは内科を受診することをオススメします。

 

現在の体調を詳細に答える中で、

さらに詳細な原因がわかるかもしれません。

 

足のむくみだけを対処しても、

大元に悪い箇所があれば根本的に解決しません。

 

例えば循環器系に問題がある様なら、

循環機内科で詳細な検査を受ける必要があります。

 

足のむくみが慢性的に起こるのは、

どこか大元で悪さをしている部位があるからです。

 

まずは根源を特定することで、

しっかりとした対策をとってください。

インフルエンザワクチン 2017年 効果 画像

★もう1記事読むならこちら★

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒ばね指の原因はこの2つ!治療法で効果があるのはこれ!

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒おたふく風邪が大流行!急ぎ予防接種を!今年は重症化します

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ