【スメルハラスメントの簡単口臭対策】男女関係なく加害者になるかも!

こんにちは、ミズキです。

今日はスメルハラスメントについて取り上げます。

 

このサイトでは以前、口臭対策について紹介しました。

思いのほか多くの反響をいただいたのですが、

つい先日「スメルハラスメント」についてのブログを見ました。

 

セクハラ、マタハラ、アカハラ等は聞いたことがありましたが、

まさか臭いまでもハラスメントの一種になるとは・・・

 

しかも訴えられる可能性もあるとのことで、

誰もが加害者・被害者になりうるのです。

SPONSORED LINK

とはいえ臭いの難しい所は、

本人に自覚症状がないケースが多いことです。

 

そもそも私達人間は、

自分自身の臭いをくさいとは感じません。

 

常に「自分ってくさいな」と感じていれば、

それだけでストレスになりますからね。

 

これは特に体臭に言えることですし、

加齢臭についても同様です。

 

ただし体臭や加齢臭ではない臭いについては、

対策次第でハラスメントを防ぐことができます。

誰でも簡単にできるスメルハラスメント対策

アテローム血栓性脳梗塞 症状 治療 方法 画像

まず大事なのは寝起きの口臭。

これを引きずってしまうことです。

 

実は私達の口臭が一番臭いのは寝起きです。

 

夜寝てから朝起きるまでの間に、

口内では臭いの元となる菌が繁殖しています。

そして朝起きると猛烈に臭います。

⇒朝食抜きは口臭を強くする!食べる前のうがいも必須

 

最近では朝食抜きの人も増えていますが、

実はご飯を食べると一時的に口臭は減るのです。

 

食べ物に起因する口臭は生まれますが、

体内で生まれる口臭は消化とともに消え去るのです。

 

朝食抜きで歯磨きもしない。

これは最悪のスメルハラスメントですね。

 

寝起きで歯磨きをすることはもちろん、

マウスウォッシュも併用すると口臭対策はばっちりですね。

お茶は口臭を消す作用がある!

SPONSORED LINK

そして出社している間に関しては、

お茶を頻繁に飲む様にしてください。

 

昼食後に歯磨きするのも大切ですが、

口臭は食後以外にも生まれます。

 

お茶に含まれるカテキンは、

口臭の元になる菌を消滅させる効果があります。

 

できれば温かいお茶でも良いですが、

冷たいお茶でも効果は得られるので、

頻繁にお茶を飲む様に意識してください。

⇒体臭を一瞬で消す飲み物はコーヒーではなく緑茶!

体臭や加齢臭を防ぐには?

鼻の中 かさぶた 繰り返す 画像

ここまでお伝えしたのが口臭対策。

今すぐ改善できる臭い対策です。

 

ところが冒頭でお伝えした様に、

体臭や加齢臭は変えられないものです。

ただ、意識次第で減らすことはできると考えられます。

 

 

まずはお風呂でよく身体を洗うこと。

特に脇は臭いがキツイ場所でもあります。

 

ゴシゴシ洗うと皮膚が傷つき、

傷ついた箇所から臭い菌が入り込み、

逆に体臭が強くなるとも言われています。

 

ボディソープを手で泡立てて、

脇に塗る様にして洗って下さい。

 

つけたまま5分程放置することで、

臭いをキレイに洗い流せます。

 

また臭いがよほど気になるのであれば、

朝シャワーも有効な方法ですね。

 

その他、タバコやお酒が混ざり込むと、

体臭や加齢臭はより強烈になってしまいます。

 

できる限り控えることをオススメします。

爪 内出血 早く治す 方法 画像

★もう1記事読むならこちら★

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒ばね指の原因はこの2つ!治療法で効果があるのはこれ!

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒おたふく風邪が大流行!急ぎ予防接種を!今年は重症化します

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ