【痣(あざ)を早く治す方法】冷やして温めることが鉄則!

こんにちは、ミズキです。

今日はについて取り上げます。

 

ふとした瞬間にどこかへぶつけ、

気づけば青っぽいあざができている経験。

私も何度もあります。

 

あざの正体は内出血。

血が飛び出ていないだけマシとも言えますが、

しばらくの間は痣が残ってしまいます。

 

周りからも痣が丸見えなわけですし、

何だか恥ずかしい感じもします。

 

できる限り早く、痣を治したいところですよね。

痣(あざ)を早く治す方法

SPONSORED LINK

まずは初期治療が重要。

痣ができたらすぐに冷やして下さい。

 

内出血といえども体内では損傷が起きています。

他のケガと同様に、すぐに冷やして炎症の拡大を防ぐ必要があります。

 

すぐに冷やせば痣ができないわけではありませんが、

痣がひどく、そして大きくなるのを防ぐ効果があります。

 

例えばビニールに氷水を入れて、

タオルに巻いて冷やしてみるのも良いでしょう。

あるいは応急処置的に冷えピタを貼っても良いでしょう。

 

とにかく、初期治療としてはすぐに冷やすことが重要です。

冷やした次は温めて治す

SPONSORED LINK

初期治療で患部を冷やすのは、

ぶつけてから24時間以内に行うのが良いでしょう。

 

しかしその後は冷やすのではなく、

患部を温めるのが効果的です。

 

内出血部分にたまった血を、

温めることで早く巡る様にしてあげるのです。

 

ぶつけた直後は出血も多いので、

温めると逆に血が止まらなくなってしまいます。

 

あくまでも損傷後最低24時間空けましょう。

その後に温めることで、痣が早く消える様になります。

切れ痔 出血 止まらない 画像

私が実践していたのは、

お風呂に普段よりも眺めにつかること。

 

そして寝る時に湯たんぽをタオルに巻いて、

患部付近に置いたことです。

 

ここまでの方法を愚直に実践してもらえたら、

早く痣が治る可能性が高まります。

 

もちろん市販薬などに頼っても良いのですが、

薬を使うと自然治癒力を低下させる恐れもあります。

 

自然治癒力が低下することで、

次に痣ができた時に完治まで長引く危険性もあります。

 

私としては、薬は使わない方が良いと思います。

 

ぶつけていない痣は要注意!

頭皮 できもの 痛くない 画像

ここまでの方法はあくまで、

「ぶつけた痣」にのみ使えるものです。

 

もしぶつけたことがない、心当たりがないのに、

痣の様なできものが生じている場合は要注意です。

 

痣だと思ったらシミであるかもしれませんし、

例えば皮膚がんの一種であるメラノーマかもしれません。

 

他にも白血病につながる危険性もあるので、

まずは皮膚科へ相談に行くことをオススメします。

 

その後に適切な対策を考えることで、

痣だと思っていた症状の正体をつかむことができますよ。

PM2.5とは 原因 症状 影響 対策 画像

★もう1記事読むならこちら★

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒ばね指の原因はこの2つ!治療法で効果があるのはこれ!

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒おたふく風邪が大流行!急ぎ予防接種を!今年は重症化します

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ