【衝撃】胃腸炎は人に移る?完治後いつまでは注意が必要なのか?

こんにちは、ミズキです。

今日は胃腸炎についてお伝えします。

 

私も過去に何度か胃腸炎を発症したことがあります。

 

急に腹痛に襲われてトイレに駆け込んだり、

発熱やだるさを伴う様になります。

 

もはや動くだけでしんどい。

会社勤めの頃は仕事になりませんでしたね。

急性胃腸炎 仕事 休む 期間 画像

とはいえ過去に私が発症した胃腸炎。

大きく2つの胃腸炎に分類されました。

 

1つがストレス性の胃腸炎。

その時は仕事で人間関係のストレスを抱えており、

おそらくそれが胃腸炎という形で表出したのでしょう。

 

「どこかでストレスをためこんでいるサイン」

この様に受け止めた方が良いでしょうね。

 

そしてもう1つが感染性胃腸炎。

ウイルスが胃腸で悪さをしているケースです。

 

ストレス性の場合は自分に原因があるので、

人に移る心配はありません。

※ストレスが人に移ったら大変ですよね。

 

一方で感染性胃腸炎の場合はウイルスが原因なので、

人に移る可能性があるのです。

胃腸炎はいつまで人に移るのか?

SPONSORED LINK

では、感染性胃腸炎を発症した時には、

いつまで人にうつるのか?

人に移る期間はいつまでだと考えるのが良いでしょうか。

 

ウイルスは便の中に潜んでいると言われます。

自分の体内からは排出されるのですが、

便を通して周辺に感染する可能性は残されているのです。

 

例えば家族でトイレを共用している場合。

※まぁ、当たり前ですね。

 

便を通して他の家族に感染することは大いにあるのです。

下痢止め ストッパ 効果 注意 副作用 画像

また嘔吐物から移ることもあります。

 

「食後に急に吐いた!」なんて嘔吐物の処理をしていた友人は、

数日後に胃腸炎に感染していました。

 

嘔吐物からウイルスが体内に入り込むケースもあり、

注意が必要だと言えますね。

 

ちなみに感染性胃腸炎のウイルスは、

完治後も1週間前後は嘔吐物や便を通して人に移るリスクがあります。

 

十分に注意が必要だと言えますね。

潜伏期間中に人に移る心配はない?

SPONSORED LINK

では感染性胃腸炎を発症する前、

ウイルスが体内に潜伏している期間は、

人に移る可能性があるのでしょうか。

 

これはケースバイケースで一概に言えませんが、

可能性としては少ないと言えます。

 

嘔吐物や便から移るので、

そこにウイルスが達していない可能性があるからです。

 

もちろん油断は厳禁ですが、

感染後と完治後に移る可能性が高い。

このことは抑えてください。

足 親指 爪 変色 画像

ちなみに感染性胃腸炎では、

ノロウイルスやロタウイルスが有名です。

 

特に冬場には相次いで感染者が出るので、

特に注意をしてくださいね。

 

★もう1記事読むならこちら★

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒ばね指の原因はこの2つ!治療法で効果があるのはこれ!

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒おたふく風邪が大流行!急ぎ予防接種を!今年は重症化します

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ