【麻疹の抗体検査】費用はいくら?コスパは非常に高い!

こんにちは、ミズキです。

今日は麻疹(はしか)について取り上げます。

 

麻疹と聞くとどうしても、

子供が発症する病気だと思われがちです。

 

確かに子供は麻疹にかかりやすいですし、

実際に予防接種も行われていますからね。

 

高熱だけでなく全身に斑点の様な発疹が出るので、

感染した本人としてはつらいものがあるのです。

インフルエンザ ウイルス 潜伏期間 うつる 2017 画像

ところがここ数年、大人の麻疹感染が急増しています。

 

実は20代〜40代にかけて、

麻疹の予防接種を子供時代に受けていない人がいるのです。

 

そのため大人になって急に麻疹にかかる。

こんなケースが増加しているのです。

 

例えば女性が妊娠中に男性が麻疹に感染すると、

胎児に悪影響を及ぼすこともあるので注意が必要だと言えます。

 

私は幸い予防接種を子供時代に受けていましたが、

ご近所さんには受けていないという人もいて注意が必要だと言えます。

【麻疹の抗体検査】費用はいくら?

SPONSORED LINK

では、自分が麻疹の抗体を持っているのか。

いくらで検査ができるのでしょうか。

 

これは病院にもよりますが、

基本的には5000円あれば検査できるとされています。

 

抗体検査は血液検査。

注射で血を抜いて検査機関に送り、結果を確認するものです。

 

「抗体検査は何科の病院へ行けば良いの?」

こんな質問もよく聞かれるのですが、

まぁ内科へ行けば間違いないのでは、と言えます。

 

もし抗体がなければ予防接種をして、

しっかりと対策を行う必要があります。

 

また、子供の頃からお薬手帳をしっかりつけているなら、

それを確認するだけでも抗体の有無が見えてきます。

 

実家にお薬手帳があるかどうか。

そしてちゃんと記入されているか。

これを確認してみてください。

抗体検査を受けた方がコスパは高い

SPONSORED LINK

もちろん抗体がなければ予防接種を受ける前提ですが、

費用対効果としては検査した方が良いと言えます。

 

2013年には20代〜40代の成人男性において、

1万人以上が風疹に感染しました。

 

風疹は3日麻疹と呼ばれており、

麻疹の中に含めても良いと思います。

 

しかも麻疹は強力な感染力を誇ります。

 

飛沫感染や空気感染が主な感染経路ですが、

同じ部屋にいるだけで麻疹に感染することもあります。

 

最近は海外の麻疹が持ち込まれることもあり、

感染すると重症化する恐れもあるのです。

 

免疫力が低下している時は、

麻疹への感染には注意が必要だと言えますね。

PM2.5とは 原因 症状 影響 対策 画像

ちなみに麻疹の予防接種については、

風疹との混合で10000円前後と言われています。

 

接種しておいて損はないので、

急ぎ接種することをオススメします。

 

★麻疹についてさらに詳しく知るならこちら★

⇒2016年は大人が麻疹になりやすい!予防接種の費用は1万円

⇒麻疹の予防接種【効果の持続期間はどれくらい?】

⇒麻疹の流行はいつまで続く?【1年で特に注意すべき季節が存在した!】

⇒【麻疹の予防接種】こんな副作用があるの知ってましたか?

⇒【麻疹の抗体】前にかかった人は予防接種を受けなくても良いの?

SPONSORED LINK

★もう1記事読むならこちら★

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒ばね指の原因はこの2つ!治療法で効果があるのはこれ!

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒おたふく風邪が大流行!急ぎ予防接種を!今年は重症化します

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ