【麻疹の抗体】前にかかった人は予防接種を受けなくても良いの?

こんにちは、ミズキです。

今日は麻疹について取り上げます。

 

麻疹は子供の頃に予防接種を受けるものです。

ですが20代〜40代の方の中には、

子供の頃に予防接種を受けていない人も存在します。

 

そのためここ数年は大人の麻疹も話題になっています。

 

2013年には20代〜40代男性の中で、

約1万人が麻疹に感染したと言われています。

 

大人になってかかると重症化しやすいですし、

会社を休まなければいけず大打撃を被ります。

SPONSORED LINK

またご主人が麻疹に感染してしまうと、

奥さんが妊娠中の場合は胎児に悪影響が出ます。

 

障害を持って生まれる可能性もあり、

非常に危険な感染症なのです。

 

そのため最近では各自治体において、

予防接種を受けることを推奨しています。

 

風疹との混合ワクチンで1万円ですが、

将来のリスクを考えれば高いとは言えません。

 

ワクチンを接種して抗体を作ってしまいましょう。

以前かかった人は麻疹の抗体ができている?

56346202b6c84eacbd39342275770b74_s

ここで1つ疑問が浮かびます。

 

「子供の頃に麻疹に感染したら、

今予防接種を受けなくても良いのではないか?」

 

ワクチンを接種することで体内に抗体を作ります。

ですが一度麻疹に感染していれば、

既に抗体ができているとも言えます。

 

そのため以前にはしかにかかった人は、

予防接種を受ける必要はありません。

 

ただし抗体は15年程で弱まるとも言われています。

心配であれば病院へ相談に行き、

受けるかどうか判断を仰ぐのが良いと考えられます。

 

過去にどの程度の麻疹に感染したのかは、

お薬手帳を確認してくださいね。

抗体検査を受けることもできる!

SPONSORED LINK

まぁ一番てっとり早いのは、

麻疹の抗体を持っているか検査を受けてしまうことです。

 

血液検査ですので最短翌日に結果が出ますからね。

 

そこで抗体がないと判断されれば、

すぐにでも予防接種を受けた方が良いでしょう。

 

ちなみに予防接種は2回受けることが推奨されています。

1回の接種だと抗体ができない確率が5%あるためです。

 

麻疹の予防接種を受けたとしても、

重い副作用はありません。

 

接種後2週間で発熱を出すことはありますが、

熱はすぐ収まりますからね。

 

迷っているくらいなら受けた方が良いですね。

 

★麻疹についてさらに詳しく知るならこちら★

⇒2016年は大人が麻疹になりやすい!予防接種の費用は1万円

⇒【麻疹の抗体検査】費用はいくら?コスパは非常に高い!

⇒麻疹の予防接種【効果の持続期間はどれくらい?】

⇒麻疹の流行はいつまで続く?【1年で特に注意すべき季節が存在した!】

⇒【麻疹の予防接種】こんな副作用があるの知ってましたか?

SPONSORED LINK

★もう1記事読むならこちら★

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒ばね指の原因はこの2つ!治療法で効果があるのはこれ!

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒おたふく風邪が大流行!急ぎ予防接種を!今年は重症化します

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ