麻疹の流行はいつまで続く?【1年で特に注意すべき季節が存在した!】

こんにちは、ミズキです。

今日は麻疹について取り上げます。

 

「子供の頃に予防接種を受ければ大丈夫」

 

こんなことを思っている人も多いですが、

実は20代〜40代の中には予防接種を受けていなかった人がいます。

 

最近は大人の麻疹が注目を集めており、

集団感染のニュースも聞く程です。

 

2013年には20代〜40代男性の約1万人が麻疹に感染。

ニュースにも連日取り上げられていました。

 

子供だけでなく大人も注意が必要な感染症。

それが麻疹なのです。

麻疹の流行はいつまで続く?

SPONSORED LINK

さて、最近注目を集めている麻疹。

この流行はいつまで続くのでしょうか?

 

20代〜40代の中で、

子供時代に予防接種を受けていない人がいます。

 

今20代の人が今後も予防接種を受けなければ、

あと20年は流行が続くといえますね。

結膜下出血 早く治す 方法 画像

ただ、麻疹には特に流行しやすい時期があります。

それが「春」です。

 

私達の免疫が特に弱まったタイミング。

ここで麻疹がグッと流行するのです。

 

季節の変わり目はもちろんですが、

春は入学や入社など、精神的な疲れをためやすい時期です。

 

また花粉症を発症する人は、

体力そのものが弱りやすい時期ですね。

 

ですので春は特に注意が必要です

 

 

また最近では夏と冬の時期が伸びている感覚があり、

春と秋が縮んでいる感覚です。

 

そのため気温の変化に対応しきれずに、

秋に麻疹を発症するケースも増えているので注意が必要です。

麻疹の予防接種は2回受けよう!

SPONSORED LINK

ただしインフルエンザとは違って、

麻疹は抗体が作れればその後はほぼ感染することはありません。

 

風疹との混合ワクチンで1万円しますが、

その後の感染のリスクをグッと減らせるなら、

かなりコストパフォーマンスの高い予防接種と言えます。

 

ただし麻疹の予防接種を1回受けただけでは、

完全に感染を予防することはできません。

 

1度の接種で95%の確率で抗体ができます。

つまり残りの5%は抗体ができないのです。

 

最低でも2回予防接種を受けること。

これが推奨されているのです。

 

発熱や関節痛、全身の湿疹を伴いますし、

会社を1週間近く休まなければいけません。

 

麻疹にかかって良いことは1つもありません。

インフルエンザ 予防 タミフル 効き目 2017 画像

それに奥さんが妊娠している場合、

旦那さんが麻疹にかかれば胎児に悪影響を及ぼします。

 

障害を持って生まれて来る可能性もあり、

特に注意が必要と言えますね。

 

万が一感染したら隔離するべきですが、

今すぐにでも予防接種を受けた方が良いと言えるでしょう。

 

★麻疹についてさらに詳しく知るならこちら★

⇒2016年は大人が麻疹になりやすい!予防接種の費用は1万円

⇒【麻疹の抗体検査】費用はいくら?コスパは非常に高い!

⇒麻疹の予防接種【効果の持続期間はどれくらい?】

⇒【麻疹の予防接種】こんな副作用があるの知ってましたか?

⇒【麻疹の抗体】前にかかった人は予防接種を受けなくても良いの?

SPONSORED LINK

★もう1記事読むならこちら★

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒ばね指の原因はこの2つ!治療法で効果があるのはこれ!

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒おたふく風邪が大流行!急ぎ予防接種を!今年は重症化します

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ