【さかむけの原因】ストレスや体調不良と関係があるの?

こんにちは、ミズキです。

今日はさかむけについて取り上げます。

 

私自身も子供時代から、

さかむけの症状に悩まされて来ました。

 

原因は後でお伝えするのですが、

さかむけを無理に引っ張って出血し、

手が血痕で汚くなってしまったのです。

さかむけの原因はストレス?

SPONSORED LINK

さかむけの原因については様々あります。

 

ただ過去に私が苦しんでいたのはストレス。

それも私の場合、さかむけの前に「爪かみ」がありました。

 

私は子供の頃から爪をかむクセがあったのですが、

爪だけでなく周辺の皮膚もかんでいました。

 

そのため皮膚がキレイに蘇生されず、

さかむけの状態になってしまったのです。

 

 

私の場合は爪かみからのさかむけですが、

ストレスからさかむけができやすい人もいます。

 

例えば仕事の人間関係やご近所付き合いで悩むと、

さかむけができやすくなる人もいますが、

これも原因はストレスですね。

 

また、体調不良が原因ということもありますし、

栄養不足からさかむけを発症するケースもよく見られます。

 

皮膚の影響に直結するビタミン類やミネラル。

これらが不足しているとさかむけになりやすいのです。

それこそ、野菜不足も度を過ぎればさかむけにつながってしまうのです。

 

肌の感想もさかむけの原因に!

 

 

その他に考えられる原因としては、

手の肌の感想です。

 

空気の乾燥や食器洗いなど、

手肌が荒れやすくなる状況は日常的に存在します。

 

特に食器洗いは女性にとって天敵。

私の母は専業主婦で毎日の様に食器洗いをしていましたが、

さかむけには悩まされていました。

 

さかむけ対策で絶対やってはいけないこと

SPONSORED LINK

さかむけ対策で絶対にやってはいけないこと。

それは「手でさかむけをむしりとること」です。

 

想像以上にさかむけがむけてしまい、

皮膚から出血してしまうことがあります。

 

そしてさかむけから出血した場合、

ごくまれに「ひょうそう」になってしまいます。

 

出血箇所に膿がたまってしまい、

さかむけよりも痛みを伴う状態を作り出してしまうのです。

 

これは非常に危険です。

 

さかむけの治し方

 

 

まずは応急処置的な治し方。

ハンドクリームを使って手肌にうるおいを与えて下さい。

 

つぎにさかむけが気になって取りたい場合は、

手でむしりとるのではなく爪切りで切ってください。

爪切りで切ることで出血を防ぐことができます。

 

なお爪切りではなくても眉毛用のハサミでも代用できます。

 

爪切りで切り取るときはできる限り根元からをオススメします。

ですが意識するあまり皮膚を傷つけてしまえば本末転倒ですので、

そこは注意してください。

 

くれぐれも、手で直接はがさない様に気をつけてくださいね。

 

★もう1記事読むならこちら★

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒ばね指の原因はこの2つ!治療法で効果があるのはこれ!

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒おたふく風邪が大流行!急ぎ予防接種を!今年は重症化します

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ