さかむけの治し方【薬なしの裏技からワセリンの効果的な使い方まで】

こんにちは、ミズキです。

今日はさかむけについて取り上げます。

 

「またさかむけができた…」

私の母が口ぐせの様につぶやいていた言葉です。

 

母は専業主婦で毎日洗い物をしていましたが、

その度に手荒れに悩んでいました。

 

指のさかむけも固く、

一歩間違えれば出血を伴っていました。

さかむけ→ひょうそうのコンボ

SPONSORED LINK

私もさかむけには悩んでいたのですが、

最悪なのがさかむけからひょうそうを発症してしまうこと。

 

膿が入り込んでしまうと触れるだけで痛みを伴いますし、

本当にひどくなった場合は切開しなければいけません。

 

 

私の場合はストレスで爪をかむクセがあったため、

爪をかんでさかむけを発症し、そこからひょうそうへ…

という悪循環を繰り返していました。

 

今でこそ爪をかむことはありませんが、

子供時代からの習慣を変えるのは結構大変でした。

 

さかむけの治し方

 

 

さかむけの原因については、

以下の記事で詳しくまとめています。

今回は「治し方」に注目してお伝えします。

⇒【さかむけの原因】ストレスや体調不良と関係があるの?

 

 

まず絶対やってはいけない治し方は、

「手でさかむけをむしり取ること」です。

 

手で取ると皮膚深くまでむしってしまい、

気づけば出血しているかもしれません。

 

出血し、そこからバイ菌が入り、

化膿してしまうのが本当に最悪です。

 

 

とはいえ薬を買っていてはお金もかかります。

私が薬なしでさかむけを治す上でオススメしているのが、

まずは爪切りでさかむけをむしり取ることです。

 

爪切りであればむしり過ぎることもなく、

キレイにさかむけを取ることができます。

 

できる限り根元からむしり取るのがベストです。

 

爪切りであれば一家に1つはあるでしょう。

お金をかけずに対策できますね。

 

薬なしでさかむけを治す裏技

SPONSORED LINK

そして爪切り以外にさかむけを治す裏技。

よく知られているのはハンドクリームです。

 

手肌の乾燥がさかむけの原因の1つ。

肌荒れに悩んでいるのであれば、

ハンドクリームを定期的に使うことをオススメします。

 

特に爪切りでさかむけを取った後、

ハンドクリームを塗ることでさかむけが再び生えにくくなります。

 

 

また意外と知られていないのが、

ワセリンを使ったさかむけ対策。

 

ハンドクリームのかわりにワセリンを塗ることでも、

同様の対策をとることができるのです。

 

ちなみにワセリンはさかむけ対策だけでなく、

やけどをした時の対策など、あらゆる場面で使えます。

 

肌の乾燥を防いでくれることもあり、

1つ持っておくと非常に重宝します。

 

★もう1記事読むならこちら★

⇒【禁煙と禁酒のメリットがすごい!】3週間続ければ効果を実感

⇒【禁酒の肌に与える効果】むくみが解消される禁酒の方法も解説

⇒【つぶすと再発する】頭皮のできものの原因と7日で効く薬を解説!

⇒ほくろ除去クリームを薬局で買うのは不可能!おすすめ通販はこれ

⇒【風疹の流行状況】急ぎ予防接種を!大人も重症化します

⇒ばね指の原因はこの2つ!治療法で効果があるのはこれ!

⇒低温やけどの症状と治療薬まとめ【ほっとくと皮膚にドス黒い跡が】

⇒【歯石除去で口臭がなくなった】専門家が理由を解説

⇒【猫背矯正で整骨院を使う方必見!】整体の本当の効果を検証!

⇒小頭症により寿命は短くなる?先天的か後天的かが分かれ目!

⇒お風呂上がりの湿疹が激かゆい!【突然肌が赤くなる原因と対策】

⇒【下痢が続く原因】実は危険な病気のサイン!デッドラインは2週間

⇒【腹痛と下痢が朝に来る!】原因と一瞬で治る驚異の解決策は?

⇒おたふく風邪が大流行!急ぎ予防接種を!今年は重症化します

⇒手の汗疱に薬は逆効果!ワセリンと綿手袋で地道に治せる!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ